ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風すごかった!

2011.09.23
昨日の台風15号がすごかったですね。

そんな台風接近中に、

頑張って、膝の治療に行ってきました。

夕方5時ごろに終わって、自宅から離れた駐車場に車を置きに行く頃は、

台風真っ只中でした。

途中、道路に木が倒れいたので、

違うルートから駐車場にはいるため、

Uターン…すると、誰かが、木を脇へ移動してくれたようで,

おかげで、駐車場に入ることができました。

全身カッパに傘で、

ダダ広い駐車場を通り抜けなくてはなりません。

風の除け場所がなく、

つかまれそうな、ブロックフェンスまで、

約100メートルあるでしょうか。

立ってるだけで、飛ばされそうです。

駐車場に止まっている車に沿って、歩き始めました。

風が見えます。雨が交じって、

地面と平行に飛ぶ風雨がくっきりと見えます。

ゴー!ゴー!ビュー、ビュー。

ものすごい、音と暴風雨です。

傘はすぐに逆さまになり、使い物にはなりませんが、

飛んでくる何かを避けるものにはなりそうな気がしました。

やっと、フェンスの近くにたどり着き、

道路まであと30メートルというところで、

公園側は舗装がみえて、歩きやすそうでですが、

木が倒れそうに垂れ下がっています。

もし、木が倒れてきたら大変です。

しかたなく、水たまりの中をずぶぬれになりながら、

フェンスをつかまって、飛ばされないように頑張って歩きました。

治療した先生に

「雨に濡れて冷やさないでね、せっかくの治療が何にもならなくなるから」と

言われましたが、台風じゃ仕方ないですよね。


道路に出ると、風が弱くなった気がしました。

家がたくさんあるせいか、

風あたりが違うんでしょうか。

周辺の家や木々に注意しながら歩いていると、

古そうな家のトタン屋根やカーポートの波板の屋根が、

飛びそうに、なびいています。

一部はずれて、道路をふさいでいるのも見えます。

あれが飛んできたら、大けがではすまないかもしれません。 

そこからは、死にものぐりで痛い膝に鞭打って、走りました。


家の前まで来ると、鉢が3個ほど転がっていました。

薔薇の鉢も倒れていました。

なるべく風に飛ばされないところに移動して、

やっとの思いで家の中に…。

しっぽを振っているクーちゃんを見て、

ホッとした気持ちになれました。


着替えをして、ソファーに座るとドッと疲れが出ました。

遠くで救急車のサイレンが聞こえます。

ニュースが流れ、あのサイレンがそうだったんだと知りました。

木が走行中の車に倒れ、運転していた男性が

救急車で運ばれて、入院されたというそのニュースでした。

でも、大事に至らなくてほんとによかったです。


台風って、今までの経験では、ほとんど夜中に

過ぎさってしまうことが多いのですが、

今回は昼間だったので、ほんとに体で台風を感じました。

台風のときはよほどのことがない限り、

出歩くことはしないに限ります。

車に乗っていても、浮き上がりそうなくらい揺れていましたから、

絶対、外には出ないが鉄則ですね。


でも、仕事で外に出ている方もいるんですから、

ほんとに気をつけてほしいものです。

企業も帰宅難民を作らないように、

いざという時には、会社で待機させるよう用意はしてほしいし、

電車が動いているうちに、

帰してあげてほしいものです。

ニュースで8時間かかって、歩いて帰ったと言っていた人もいたし、

震災の時を思い出しました。

企業でなくても、用で出かけている人のために、

商業施設ではお客さんを追い出すようなことをせずに、

受け入れることも考えてほしいものです。

あのディズニーランドの震災の時の対応を聞いて、

さすがだなあと思いました。

そうした、対応望めないものでしょうか。


私は膝が不自由なので、歩いて帰ることは無理です。

どこかの宿泊施設にお世話になるしかないので、

いろいろな場合や人たちに対しての対処も、

防災マニュアルに加えられるよう、話し合って

助け合いのルールを作っていただけることを望みたいです。


久しぶりの更新で、長く書いてごめんなさい。








スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

たつ巻

2008.08.03
夕焼け2

先週の日曜日に夕方、恐ろしいほどきれいな夕焼けが見れました。

帰ってきた主人と、屋上に行って、

何枚か写真を撮りました。

一番大きな山並みの下にみえる白い雲、

主人が言うには、生まれてこのかた、あの山並みの下に

雲海なんて現象あったかなと首をかしげてました。

そして、この時、私たちは雲海の下に、たつ巻が右から、

左に動いていく様子をはっきりと見ました。

白い、帯状のものが縦にクネクネと動きながら、

左の雲海の切れ目でスーと消えていきました。

たつ巻を横からみたのは初めてです。

主人は笑って「あれは、龍だよ」だって・・・。

なら、夢があっていいんだけど・・・。

夕焼け1

そして、この矢印のしろいシャボン玉のようなもの、

これはいわゆる、なんとか現象なんでしょうか。

山のほうにあるのではなく、

近くの住宅街の上に浮いていたのかもしれません

UFOではありませんよ。お間違いなく・・・。

こういう自然現象のときは、磁場の関係から何らかの現象が現れる?

ありえない話でもないですね。

でも、この夜は涼しくて気持ちよく寝れましたよ。

ダンスパフォーマンス劇

2008.06.01
今日は、近隣のホールで行われる
ダンスパフォーマンス朗読劇

「東京の赤い雪」を観に行きます。

akaiyuki2.jpg


原作は恩師である日本児童文学家協会顧問の漆原智良さん

演出は中野智行さん、ダンスはPaniCrew皆さんと、KAORIさん

朗読は早見 優さん、出演は体操で有名な 池谷幸雄さんとで

子供たちに戦争と平和の祈りを解かりやすく

ダンスパーフォーマンスで伝える内容との事。

戦争と言う題材をもとに、どんな風に池谷さんが

PaniCrewの皆さんとコラボされるのか、

そして、早見 優さんの朗読も楽しみです。

それぞれ出演者のブログなど、リンクさせていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。