ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう、関節炎が・・・。

2007.03.21
クーが関節炎になってしまった。
ここ数日、便がゆるくて朝になると
いつもはしない家の中で、
ゆるめの便をしてしまうことが多かった。
そして、数日前とうとう、
朝、主人が散歩に行こうとしても、
動けなくなって、反応もあまりなく、
元気のないクーになってしまった。

午前中のうちに、近所の人から紹介された、
動物病院へ急いでいった。
先生が5人、日曜日でペット患者も多く、
3時間もかかった。
診断は関節炎による熱が40℃以上あり、
腎臓結石も併発してるとのこと。
悪い内臓疾患の兆候は今の所大丈夫らしいので、
ほっとした。
右足の間接の周りをとりまく筋肉が
ガビガビになってレントゲン写真をみせられた。
健康な筋肉と比較しても確かに、
これでは痛かったんだろうとかわいそうに思った。
フロアー生活の我家ですし、階段もあるしで、
無理があったんでしょう。
「人間の老化現象と一緒なので、治ると言う事はないですが、
サプリやフードを変えてみて、老化を防ぎ悪化しないように
経過を見てください」との事だった。

今更ながら、クーが口をきけたらなと・・・。
まずは徐々にダイエットをして、
体重を減らし、足の負担を減らすことから始めて、
散歩も控え、庭でのひなたぼっこと排泄にかえ、
無理をさせないようにしてあげなきゃ。

主人はガッカリしています。
クー命の人ですから、
朝晩のお散歩が生きがいのような所があったので、
何度言っても関節炎はすぐ治ると言ってききません。

早く元気になってほしい。
主人だけではなく、私たち家族の願いです。

pic_0563.jpg

痛みがとれて、爆睡状態のクーです。

pic_0561.jpg

急きょ、末っ子が気をきかせてくれて、
自分のソファをクーのためにくれました。

スポンサーサイト

これが、幸せなのかな

2006.10.26
今日も、我家のクーは寝てばかりの生活。

そして私はというと、朝から洗濯物を干しながら、

濡れたワイシャツ類にアイロンがけ・・・。

ピシッとしわが無くなったところでハンガーにかけ干す。

こうすると、しわしわのシャツに水を吹きかけながらの

アイロンがけに苦労する事がない。

でも、これはこうして家でゆっくりのんびり家事ができる日ですけど。

庭の草取りを終了して、少しだけ花を植え、

大き目の鉢に観葉植物やハーブなどの寄せ植えをしたり、

陶器の小鉢には、庭に種がこぼれた万両や竜のひげを植え

その上からコケをかぶせて、

いかにも古い盆栽風に見立てて仕上げてみた。

今、ミニ盆栽が流行ってるらしいです。

自分だけの小さな庭の世界が広がりいいかもしれません。

そんな平凡でのんびりとした日が続いて、

もうお仕事なんてしたくないなあとサボり癖のついてる私。

夜は夜でまだかえらぬ息子たちの夕飯の用意を済ませ、

近頃夫婦二人っきりのひっそりとした夕食タイム。

動物番組のワンコの実話を観て、いつのまにか、二人して鼻水すすりながら

顔を手で隠して涙をボロボロ流して泣いています。

そばにいる、クーがソファーでイビキをかき、

きっと主人もクーを見ながら

「いつまでも長生きしろよ」と思ってるはずと会話のない

静かな時間が流れていました。

そして、今一人私はPCの前、息子たちの夕飯も済み、

それぞれ部屋にいます。

主人もクーもイビキをかきながら熟睡中です。

明日も頑張らなきゃ!



忘れ物

2006.03.28
kuu4

この写真は以前のもので、ドライブ大好きなクーです。

今日はお祭り会場から、自宅へ直帰したのが、7時過ぎでした。
連日こんな調子では、これから約1ヶ月間、先が思いやられます。
でも、ありがたい事に、家へ帰ると、二男がハンバーグを
料理してくれていました。
三男は家の掃除や洗濯物をたたんだりと家族に助けられる日々です。
私には過ぎた家族に感謝、感謝の日々です。

いつものように、うれしそうにお出迎えをしてくれて主人とクー
ところが携帯に電話が・・・。
「○○さん、あのうバッグが車に・・・」と知らせてくれました。
急いで、忘れ物を取りに行く事になったのですが、
主人とクーちゃんがついて来ました。
クーは久しぶりの車にうれしそうで、
走る車の窓から顔を全部出し、口をあけ空気を吸っていました。
主人も後ろの座席で、クーの首輪をつかんではいましたが、
「いいねえクー、久しぶりのドライブうれしいかい」と頭をなでていました。
仕事場に着くと、知らせてくれた彼を一緒に駅まで
乗せていくからと誘ったのですが、
主人に対しての気兼ねから、
遠慮して恥ずかしそうに挨拶してくれました。

新卒で私と1年間頑張ってくれた彼ですが、
時々今日のようなドジをするこんなおばさんと
よく一緒に我慢して仕事をしてくれたと、
今では褒めてあげたい気持ちです。
まあ、いろいろあった1年でした。
先輩の厳しさに疲れ、個室の私の事務所にくるときが、
彼が一番ほっとするときのようで、
母親に甘える子のような日々も多かったのですが、
最近はずいぶん大人ってなってきたように見えます。
会議中の貧乏ゆすり、おえらい役員さんへの電話をかけたがらず、
若さゆえに気の利かずイライラした事も多かったです。
まあ、この仕事をとりあえずやり終えれば、
自信に繋がるのではと思っています。

ところで、今日は主人はどうして忘れ物を取りにいく
私の車に乗ってきたのか、ちょっと、不思議です。
はてさて、ヤキモチか(*^。^*)
なんて、単純に疲れて帰ってきた私を心配して、
一緒に車に同行してくれたでしょうね。
いつも迷惑かけっぱなしですみません。
もう少し、あたたかくなったら、
お休みして、クーとドライブしましょうね。
旦那様!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。