ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタボール?

2007.02.23
20070223232039.jpg

20070223232050.jpg

今日まで久しぶりの連休で、
昨日は百貨店をブラブラした。

1階の食品売り場でたまたま催し会場でみつけ、
パスタ用ボール一つを購入、
ゆでた麺の水切りとして利用するらしいが、
電子レンジOKだし、生野菜の水切りにもなりそう。

柄はイチゴ柄でかわいく、持ちやすく軽い。
まだ使ってはいないけど、たぶん使い勝手がいいはず
ラベルをはがしてしまったために、
どこの製品なのか見るのを忘れてしまったのが残念。
たぶんイタリアのパスタ用品が並べられていたので
イタリアのどこかのメーカーかな

これは一番大きいサイズで、他にも一人分のパスタが
取り分けられる取ってつきもあったが、
大は小をかねるで大きいのにした。
値段は1500円、
キッチングッズとしては
利用価値がありそう。
買ってよかった。
でも、どこのメーカーだろう。
スポンサーサイト

自分にとっての健康法

2006.10.04
人それぞれ健康法っていろいろですよね。
 サプリメントを飲む人。
 スポーツやストレッチ体操して体の中を活性化する人。
 体にいいと言われてる食べ物を摂取する人。
 医者も薬も信用せず、お参りやお経をして治そうとする人。

まだまだ、他にあるのかもしれませんが、
私自身、両親をガンで亡くしたり、
ストレスで帯状疱疹が出たりすると、
生きていく事って、なんて大変なんだろうと
思う事が多くなりました。

両親が病気の時は、高価な漢方薬や飲み物などを
飲ましてあげたりもしましたが、
人の運命ってそう簡単に変えられないとも
知りました。

以前、父の病気の時に知った帯津良一先生の病院や
治療法を試みようかと思ったりもしましたが、
つい最近、新谷弘実先生の「病気にならない生き方」などの本を読み、
いままで自分が良いと思って、やっていた食生活が
根底から覆されてしまい、驚いています。

新谷先生の説を、マスコミは企業にとっての、
営業妨害的内容であるともいい、
むしろ牛乳やヨーグルトを毎日飲んだり、
食べることはいいと言ってる先生もいると報じています。

何を信じるかは、消費者である私たちが決める事は
言うまでもありません。
食そのものの安全性を考えてみた時、
農薬や添加物をたくさん使っているものを気にせず、
毎日たべる人と安全性を考えて食品ルートを選んで
物を食べている人を比べて、
どちらが健康でいられるかと問われたら、
後者の方がいいと思う人はどのくらいいるでしょうか。

もちろん運もありますけどね。
遺伝子や環境など、ストレスを抱えている人は、
いくら安全なものを食しても、病気になる人はいるものです。

例えば、新谷先生や帯津先生などの健康法を
どう自分に取り入れていくかは、その人次第いうしかありません。
高い健康商品を毎日飲んで、ガンが治ったとか・・・
よく、聞くものです。
何かの因果関係がぴったり符合したとき、奇跡?が起こる人も
いるんでしょうね。そして、そんな稀な事を
販売する事業者はPR文句にしています訳です。
それを信じるか信じないかは、穂とそれぞれ・・・。
であるならば、新谷先生や帯津先生の説も
悪いと言うわけではないはずです。

あるサイトで、新谷先生の健康法をまとめてあったので、
この説を自分に問い掛けてみようと思いました。
詳細はこちら↓
http://www2.incl.ne.jp/~horikosi/No237.htm
***************************************************************
〈新谷式食事健康法〉(ミラクル・エンザイム)
新谷食事健康法では、自然に学びながらも、楽しみながらそれを
続けることが何よりも大切だと考えています。そのためのポイン
トをまとめますと次の通りです。
・植物食と動物食のバランスは、
 85(~90)対15(10~)とすること。
・全体としては、穀物(雑穀、豆類を含む)を50%、
 野菜や果物を35~40%、動物食は10~15%とすること。
・全体の50%を占める穀物は、精製していないものを選ぶこと。
・動物食は、できるだけ人間より体温の低い動物である
 魚でとるようにすること。
・食物はどれも精製していないフレッシュなものを、
 なるべく自然のままとるようにすること。
・牛乳・乳製品はできるだけとらないこと
 (乳糖不耐症やアレルギ ー体質の人、牛乳・乳製品が嫌いな人は、
  いっさいとらないよう にする)
・マーガリンや揚げ物は避けること。
・よく噛んで、小食を心がけること。
 
自然の摂理と人間の体の仕組みを知って、これらのポイントを守
れば、健康によい食事を楽しみながら続けることはそれほどむず
かしいことではありません。いちばんいいのは、子供のときから
習慣づけることです。
分厚いステーキやチーズやお酒も、それが「おいしい」という喜
びになるのなら、たまになら食べても飲んでも大丈夫です。食事
は日々の積み重ねです。たまに羽目を外すことがあっても、ほか
の95%が健康に留意した食事をしていれば、ミラクル・エンザ
イムがあなたの健康を守ってくれます。大切なのは、楽しみながら、
正しい食事を長く続けていくことです。
*********************************************************
どれが本当とかでなく、自分にとってやれること、
説を否定することより、少し人間ってどういう生き物だろうと
考えてみるとわかってくるような気がしますよね。

サボってばかりなのに、いきなり長く書いてすみません。



 

今年の梅

2006.08.05
やっと明けた梅雨。
我家の梅干もやっと
お日様にあてる事ができました。
ume1.jpg

昔からよく三日三晩と
いいますが、昨日から干し始めて、
赤じそも入れたのが遅かったので、
十分に染まっていませんが、
それでも日に当てると、赤い色が濃くなって
きています。塩が白く浮き出てすこしづつ、
乾燥してきてます。
梅1㌔に対して、我家では100g程度の塩に
抑えてますが。今年のような長雨時は、
カビているのではと心配でした。
ume2.jpg

昨年は私がフルタイムの仕事で、
忙しいため、2キロだけ漬けたのですが、
干しているうちに、家族の皆が、
毎日一つづつ、口に入れて、
仕事やバイトなどに行くので、
だんだん減ってしまいました。
ume3.jpg

今年は、今の所、
誰もつまんでないようですよ。
でも、しそはかなり干したので、
食べてるようです。
ume.jpg

干した梅は、また梅酢に漬ける家庭もありますが、
今年は、我家はカメにしまわず、密封容器に入れて、
冷蔵庫の野菜かごにしまうことにしました。
梅酢はペットボトルに入れ、
料理や夏ばて防止に、赤ジソジュースなどを作って
飲むことにします。かなり水で薄めて飲むと
暑い夏には酸味が適度でおいしいですよ。
この梅、今年いっぱいもつでしょうか。
足らない分は主人の母のいただきもので、
しのぎます。買うと結構高いですから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。