ブログ内検索
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子の青年

2005.09.30
今日、息子の大学の父母会へ行って、
夕方地元の駅に着いたら、エスカレーターの前で
車椅子の青年がいました。

私は、気になりながらも夕飯のしたくで頭いっぱいで、
エスカレーターを上って改札を出ました。

駅の外階段を下りると、
主人とクーちゃんがお迎えにきてくれていました。
買い物袋を持ってくれた主人は、
「お母さん待っている間、駅のホームを見ていたら、
車椅子の若い子が上れなくて困っていなかった?」と聞かれ、
「うん、そういえば、いたけど、でも誰かと話してたから、
待ち合わせしてるかと思ったの」と言ったら、

気になるからと言う主人と駅へ戻った。
ホームを見ると、まだ車椅子の青年が駅員と何か話していた。
しばらく、主人と様子をうかがって見ていると、
何か、板の様なものをエスカレーターに載せたりして、
四苦八苦してる様子だった。
主人がいうには、私が帰る前からこの状態だったとの事。

いてもたってもいられなくなったのか
主人は、クーを歩道のポールに縛って、
私に「ここにいて」と言うと、ホームに向かった。

ホームで主人は駅員さんと何か話していたが、
そのうち、ホームから家にいる息子を駅に呼んでくれと
大声で叫んだ。
eki

携帯で呼び出された息子は、自転車で飛ばしてきてくれた。
そのままホームに行くと、何か相談してる様子だったが、
そのうち、エスカレーターのない、普通の階段方向に行ってしまった。

こう言う状況のときは、6人位で対処しなければならないという
駅の安全上のマニュアルがあるのか、
2人と他に改札にいた若い男性に手伝ってもらって、
6人でその男性を車椅子ごと抱えて上ったと後から聞いた。
6人で


総重量130キロの重さを6人で担いで上ったといっても、
単純に計算して一人20キロ以上を抱えてる事になる。
その様子は携帯カメラに写すことはできなかったけど、
クーと私は主人と二男がいる方向を気にしながら、
戻ってくるのを待った。

でも、おせいじぬきで主人はなんてえらいんだろうと思った。
普通知らん振りで通り過ぎる人ばかりだと言うのに、
駅のホームの様子を見ていて気になるとは、
ほんと相当のお人好し・・・と言いながら
口には出さなかったけど、主人を見直した出来事でした。

ところで、その車椅子男性、今日はその座っていた車椅子で
サッカーの試合をしてきての帰りだったらしいです。
駅の改札にはその男性のお兄ちゃんがむかえにきていたのに、
決して手出しはしなかったそうです。

小さい時に高熱で不自由な体になったそうですが、
お兄ちゃんや親が手伝わず、
一人で生き抜いて行けるようになるための、
これまでの親と家族の苦労が見えた気がしました。

でも、日本の駅事情って、まだまだバリアフリーが
整ってないですね。
スポンサーサイト

風のおわらへ行ってきたよ

2005.09.25
昨日は、台風の影響で雨がすごくて、
市内の公園で行われる「風のおわら」は中止かなと
思っていたら、予定通り上演されると言う事で、
カッパをきて行く事に。

川のそばの公園に、りっぱな舞台と、土手には
特設テントが設置されていて、
町流しが雨でも踊れるように用意されていました。
5時からと7時位の2回、富山県民謡保存会による公演も
今年で3年目、今年で一応おしまいになるかもしれないという
噂ですが、雨にもかかわらず、今朝の新聞によると
1万人の人が訪れたそうです。

町流しの演奏は、胡弓など弦が濡れるといけないので、
舞台で行われていましたが、テントの外から吹き込む雨など
感じさせない、しっとりとした踊りは情緒があって素敵でした。

市内の観光協会で販売している越中八尾名産品のうち、
「源のますのすし」を家族の夕飯に買って帰りました。
木箱

木箱は4本の竹を頑丈なゴムで縛ってあって、
片方はずすと、はじけて飛びました。
ますすし

覆われた笹を一枚一枚開いていくと、
おいしそうなピンク色のますが一面に乗っていました。
1個で2人分で十分なくらい、ぎっしりと御飯が詰まって、
おいしかったです。

もし、次回やるときは、雨の降らない時期にゆっくりと
観てみたいですね。

中秋の名月なり

2005.09.18
今日も昼間は暑かった。
でも、日陰は風がふくとさわやかで、
秋を感じることができた。

そんな今日は、中秋の名月です。
ヤフーに新宿のビル群の中から上がってきた月の写真が
あったので、ちょっと拝借しました。
ビル群の名月

NHKの義経を見終わって、家族で屋上に上がった。
中秋の名月観賞会ってところかな。

ゴザとビール、それに小型天体望遠鏡持参で、
月のクレーターがどうのこうのと話ながら、
撮ったデジカメ写真がこれ、
びっくりするほど良く撮れていました。
透き通ったような空と月が、きれいでした。
meigetu

屋上では主人が、そのままゴザの上で寝てしまったので、
おなかが冷えないように、上からかけてあげたのですが、
たまにはこういうのもいいですよね。
子供が小さい頃は寝袋を持って、流星の数を数えたり、
結構、屋上での思い出がいっぱいあります。
主人は昔を思って寝てるのかもしれませんね。
さ、そろそろ起こしにいかなくちゃ、
風邪ひいちゃうな。

森山直太朗の歌は最高

2005.09.17
14日の水曜日、渋谷のNHKホールで行われる
森山直太朗のコンサートに出かけた。
学校を終わってからくる末っ子と途中の駅で
待ち合わせの約束していた。
それまでウインドショッピングをして、
デパ地下でマツタケと高菜入りのいなり寿司を買った。

末っ子と無事あえて、登り電車のホームへ。
4番線ホームには、山梨からの特急電車「かいじ」が
到着する所だった。
早く渋谷に着きたかったので、
迷わず、飛び乗った。              
dennsya
 
新宿到着までの少しの間で、車窓の景色を見ながら、
OL時代の通いなれた電車から見える景色を見ながら、
懐かしかった頃を思い出していた。

途中、コンサートの間、何も食べれないから、
デパ地下で買ったいなり寿司を食べる事にした。
マツタケのいなり寿司は、歯ざわりは良かったが、
味はエリンギとたいして変わりない気がした。

そろそろ、新宿かなと思っていると、
左手に「中野サンプラザ」が見えてきた。
このサンプラザ一時、古く見えたが、
外壁が白くきれいになっていて、
新しい建物にみえた。
右手に都庁などのビル群が見えたけど、
周りに迷惑と写真はあきらめた。
 kaiji


新宿につくと、山の手線に乗り換え、原宿で降りた。
竹下通りは平日だというのに、相変わらずすごい人だった。
それを避けるように、渋谷方面に向かって歩き始めた。
すでに、門が閉まっていた明治神宮の前を通って、
代々木公園で散歩するワンちゃんを見たかったけど、
木が覆いすぎて、中まで見えなくてあきらめた。
歩道橋で反対代々木競技場方面へ。
歩道橋の上で一枚パチリ!夕方だから、暗いですね。
yoyogi

ビル風が舞っているのか、風が強かった。
公園脇を左に曲がると、テキヤの出店が
結構でていて、たこ焼きややきそばも売っていたし、
私たちは自動販売機で飲み物を買って、
のどを潤してから、NHKホールの入り口で
しばらく待った。
関係者のマイク片手に「4列に並んでお待ちください」
の声に・・・並ばなくても指定席だからいいのになあ・・・
と思ったけど、結局並んでいた。(^^;)ヾ
ho-ru


入り口ではカメラやビデオチェックをされた。
「私は、コンサートを撮るために持ってるんじゃない」と
言いたかったけど、空港の手荷物検査みたいに
バッグの中身をのぞかれて、嫌な気がした。
「あちらで、カメラを預けてください」と言われ、
あちらってどこ?って聞いたら、指差して「あちら」と
いうだけ。どこにも「お荷物預かり所」のような所がない。
末っ子と「いい加減だね」と言いながら、
結局バッグにカメラを入れて、席に向かった。
もちろん、カメラを出して、
NHKホールを取る事ができません。
3階席で舞台をじっとみて、
ドームよりましかなと納得。
NHK

しかし、生森山直太朗の歌声はさすがだった。
末っ子は「CDの歌声と同じだー」と言っていた。
コンサートの最後は「今が人生」で終わったが、
舞台から去った後、拍手がなりやまず、
かなり長い時間のアンコール後、白い帽子をかぶった?
・・・・最初タオルと思った。直ちゃんが再登場、
舞台のソファに座って、好きな詩を聞かせてくれた。
その後、アカペラでNHKホールの紅白を思い出させるような
すばらしい「さくら」の独唱を聴かせてくれた。
今日は歌ってくれないかなあと思っていただけに、
うれしかった。やっぱり、「さくら」はいいですう・・・。
その後「生きとし生ける物へ」を歌ってくれたんですが、
会場は拍手が鳴り止まなかったんですが、
帰りかけた観客もいたのに、突然、再登場してくれたんです。
最後の最後の曲と言う事で、このコンサートツアーのために
作った曲を披露してくれた。

どうも各地でもう一度というアンコールが多かったらしく、
今月末から、来年の2月くらいまで
ふたたびコンサートツアーをやるらしい。
直ちゃんと呼ばれてる理由が、コンサートを聴いてみて、
わかったような気がする・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。