ブログ内検索
カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれの、あこめいちゃんちだ~~。

2005.10.30
岐阜の旅の続きです。
まりさん宅を出た私たちは、お酒を扱うディスカウントショップへ。
全部で、約8千円位買ったら、600円くらいの送料にしてくれました。
残念ながら、お酒の写真はありません。
買い物が終わると、車で1時間ほどで、あこちゃんちにつきました。

いつもHPでみていた憧れのあこちゃん宅。
ああ、あれがこれね、ここがあそこ。
あ、めいちゃんのベッドだ!
どこもかしこも、HPの世界が現実に目の前にあって、
すごく嬉しかったです。
何年も行きたいと思いながら、あきらめてきただけに、
すごく感激でした。

「ここが、クー母さんのお部屋だよ」と通されたお部屋は、
外の景色や広い庭が見える明るいお部屋でした。
大きなバスケットには、旅館のように、バスタオルが数枚と、
卓上鏡に、パジャマやカーデガンまで用意されてました。
あこちゃんの気遣いにまたまた心が和みました。

持ってきたホームウエアに着替えると、
寝不足気味だったせいか、用意されていたおふとんをひいて、
潜り込んで、寝てしまった私でした。(^^;)ヾ

「クー母ちゃ~ん、そろそろ下へ降りてこない」の声に、
目覚めた私は、あわてて飛び起き、階下へ。
すでにご主人もご帰還で、寝ぼけた無様な顔を
訪問早々みられてしまいました。
ごめんなさい、めいパパさん。

夕飯は朴葉焼きと飛騨牛のごちそうでした。
すごくおいしかった!
デザートは、自分が買ってきたアンテノールのフロマージュを
いただいちゃいました。結構濃厚なチーズの味なんですけど、
おいしいかった。
フロマージュ

あこちゃんは、地元で有名らしい養老軒の「巨峰大福」を食べてました。おいしそうでした。
巨峰大福


その晩は、PCの話をしたり、ご主人とロッテ阪神戦を
観戦したりして、過ごしましたが、
何よりもお炬燵にめいちゃんと一緒に
いられるのは、最高でした。暑くなると、
リビングのベッドに横に丸くなっているめいちゃんでした。
その写真は後ほど・・・・。 
ご主人と呑んだビール、おいしかった!ウイ!





スポンサーサイト

育英高専からサレジオ高専へ

2005.10.30
今日、息子達の母校の文化祭へ行ってきました。
下調べはしたものの乗り換えの多さにびっくりでした。
京王相模線で橋本から多摩境まで。
橋本駅の発展ぶりにこれまたびっくり。
hasimotoeki

何にもない所に学校がポツンと有るのかと思ったら、
駅ビルならぬ、駅周辺にはマンションが建ち並んでいる中を
学校までの10分、道路両側には有名ディスカウントショップやスーパー、レストランと学校までの道を教えてくれるかのように並んでいました。
学校ができると、こんなにも発展してしまうんですね。
次々にたつ住宅やマンションも買い物に不自由のない便利さになってました。
koumon

町田市の郊外に位置するここはこれからも発展することは間違いなしですね。
上り坂をしばらく行くと、学校の門がみえてきた。
学生達が「こんにちは」と出迎えてくれ、受付を済ませて校舎内へ。
gakuseinomise

道路沿いに学生達による模擬店がならんでました。
ここは、後で見学する事にします。
杉並校舎の校庭での模擬店を思い出すと、
雨による足元の不自由さの心配もなく清潔感があふれて
今の学生さんはいいなあとちょっぴりうらやましくおもえました。
igusa

校内見学の前に、卒業生父母の会へ。
校長先生、学科長ほか担任の先生方と昼食をとりながら、
杉並校舎の思い出話や我が子の近況など話して楽しく過ごした。
donbosuko

解散後、3階の中庭に出てサレジオ会の創立者ドン・ボスコ像を見る事に。
杉並校舎のドンボスコ像は前校長が、杉並のサイテックにて大切にしてくださってるとの事。新校舎の像は子供達をやさしく見守る姿でした。
donbosuko

続いて、各学科の研究を見学、ロボコンやソーラーカーは
今回は時間の関係でパスしてしてしまいました。
デザイン工学科では作品のTシャツを買ってあげました。
最後に、息子がお世話になった電子工学科室へ。
先生と在校生、卒業生たちが楽しく歓談されてました。
dennsi

のども渇いたし、お友達と学生が集まるカフェテリアで珈琲を飲む事に。
学生食堂までのエントランスは外の景色もよくみえ、気分が良かったです。
cafeteria

もちろん、カフェテリアの前面ガラス張りからの
校庭の人工芝の緑がまぶしくみえ、
授業の合間の最高のくつろぎの場になりそうです。
koutei

バザー会場でいくつか、安い物を買って、学生達の模擬店にも寄ってみました。父母会の模擬店では、抹茶と和菓子のセットをいただきました。
kyukei

卒業後も、毎年学園祭以外にも気軽に訪れる事のできるサレジオ高専であってほしいものです。
kyoukai

岐阜へ・・・女一人旅なんちゃって!

2005.10.28
今回の旅は、急きょ間際で決まったために、
バスの下調べもあこちゃんにお願いしての
旅行となりました。

5時間近くのバスの旅も終わり、
やさしい運転手さんにお別れをして、
料金所手前のバス停でおりました。
しばらくすると、チャプししマリさんと
あこちゃんが迎えにきてくれました。

まりさん宅に着くと、娘さんと一緒に
チャップリン君としし丸君とめいちゃんが大歓迎してくれました。
ネットでみてたチャップリン君としし丸君に会えて
ほんとうに、大感激でした。めいちゃんもあいかわらず、
いい子で私に甘えてくれました。
ワンコたちは、私がめずらしいのか、
「さわって~、さわって~」と何度も
近づいてきては、腹ばいになってくれて、
可愛いのなんのって・・・。
その夜は、時間がたつのも忘れて、
ワンちゃんたちとじゃれあいながら、
ぺチャぺチャおしゃべりが続き、
きがついたら、朝でした。アハ(^^;)ヾ
バ~ン

翌日はあいにく曇り空でしたし、
一週間の疲れもあってか、、
なかなか起きられず、お昼近くまで寝かせていただきました。
贅沢な話ですよね。すみません。
おねぼうの私のために、まりさん特製の
お好み焼きを昼食に作ってくれました。
まりさんの料理の下ごしらえの早さには驚きました。
たっぷりの長いもといかの入ったお好み焼きは
満足感があっておいしかったです。
ごちそうさまでした。
これなら山芋ぎらいな息子に気づかずに
食べてもらえるかな。
3頭ならんで


まりさん宅はおうちも庭も広く、
周りの環境も良くて、うらやましい限りでした。
ほんとうは庭でみんなで遊んだり、
お散歩もしたかったのですが、
雨模様だったのであきらめ、
家の中でパチパチ写真を取りまくって過ごし、
ここにクーがいたらどうなるかなと思うと、
きっと、ひたすらお尻クンクンをする姿が
目に映り、ガックリ。
チャップリン君とめいちゃんとは親戚犬のクーですが、
チャップリン君は体格はクーと似てましたが、
顔は女の子のようなやさしい小顔でした。

楽しい時間もあっという間に過ぎ、
記念写真を撮る事に・・・。
あれ、私がいないぞ、まりさん今度
私の入った写真送ってくださ~い。
夜遅くおじゃまして、ゆっくり寝かしていただき、
初対面の私を快く迎えて接待してくださった事
一生忘れません。ありがとうございました。
次は、あこちゃんとめいちゃんちへお世話になります。
記念写真

これが、スーパーキムチ

2005.10.28
スーパーキムチ


このキムチをご存知の方どのくらいいるでしょうか。
この味を知ってから、かならず買っている我家。
2個は買ってくるんです。そうしないと、
家族皆で食べるとすぐなくなりますから。

クーちゃんの親戚犬めいちゃんの飼い主さんのあこちゃんから、
「クー母さん、北海道で一番売れてるスーパーキムチの事、
まだお返事もらってないよ~」と言われて思い出し、
昨日、地元の西友で買ってきました。

発売元は、北海道の北日本フードなんですが、
あまり宣伝はしてないようです。
結構ブログに掲載して、おいしいよって絶賛してる方が
いたので、写真撮って紹介しようって決めました。

北海道の方は、セールで300円以内の時に
買ってくると紹介してました。

こちらでは、安い時は350円以内で買えますが、
通常は450円くらいします。
でも、ほんとに癖になる味なんですよね。

からみと味の良さは抜群です。
この際、このキムチに関しては、添加物云々には、
目をつぶりましょう。

初めての高速バス

2005.10.24
先週末から急きょ友達の所に一人旅する事になり、
友達のアドバイスもあり、高速バスで行く事に決定。
とりあえず、一人で乗車する事が不安だったので、
バス会社に連絡して、根掘り葉掘り聞いた結果
往復切符を予約する事にした。
高速バスは降車のみのバス停や乗車のみのバス停とかの
決まりがあり、行き先範囲ならどこで降りてもいいらしい。

当日仕事を半日で終え、夕方4時過ぎの出発時刻に合わせて、
少し早めに家を出て、東京行きの直通電車に乗った。
帰宅ラッシュ前だったから、まだすいていて、
大荷物をさげていたので、座れてラッキーだった。

新宿に着くと、京王百貨店のデパ地下でお土産と、
バスの中で食べるお弁当を買い、
出発時間20分前に高速バス乗り場に向かった。

大勢の人がそれぞれの目的地行きの指定バス乗り場に集まり、
次々と出発時刻になるとバスが出て行く。
そして、空車のバスが到着するといった繰り返しで、
私が乗るバスも出発10分前に到着した。

まわりに大勢いたので、乗るのかなと思ったら、
結局7人しか乗らなかった。
バス内

私が乗る近鉄バスは、横4列立て9列のゆったりした座席だと
聞いていたが、きれいなバスだった。
運転手さんの予約客全員の確認が終わると、
「それでは、座席はお好きな所へ移動されて結構です」
というではないか、私は指定席券の座席にした。
2列目にいた男性がそれぞれ、一番前の席に移動した。
座席


後部座席にいた若いOLの2人は、バスが出発すると、
流暢な名古屋弁で何か話していたが、
どうも着替えをする相談だったみたいで、
いつのまにか、Gパン姿になっていた。
ご実家に帰られるんでしょうか。
慣れたものです。
ビル群をぬけ

7人の乗客を乗せたバスは、西口を出ると、
新宿ビル群の脇をぬけ、
中央高速へと向かって走り出した。
私は座席のリクライニングレバーをひいて、
少し、楽な姿勢にした。
バスが高速に乗ると、少し寝る事にした。
到着までの約5時間長いなあ・・・。

高速バスに乗った経験のある方の掲示板にも
あったんですが、今回感じたのは、
バスの座席は、横4列より3列がベスト。
できれば縦9列の座席のあるバスを選んだほうがいいという事。
夜行バスはほとんど、立て9列だそうですが、
11列はひざがつかえ、前の方がリクライニングを倒すと
なおさら狭くなるそうです。
9列であっても、バスのリクライニングには限度があるので、
夜行はやはり眠れなくて疲れるとの事。
できれば、その日のうちに到着する方が
体も楽でいいようですよ。

近鉄バスはきれいだし、行き帰りの運転手さんも親切で
疲れのない旅行ができ快適なバスでした。


珈琲との思い出

2005.10.18
珈琲好きな人って多いですよね。
私が始めて珈琲と出あったのは、小学生の頃でした。
珈琲って、大人が飲むもので、子供は眠れなくなるし、
胃に悪いからだめとよく言われたものでした。
珈琲豆


近くに基地がある関係で、近所に外人さんが住んでらして、
時々、遊びに行くと、アルミのいかにも軍隊用といった、
下のすぼまった六角形の沸かし器で珈琲を入れては、
少し、ご馳走してくれたものでした。
ついでに英会話の勉強もしましたっけ。

舌が記憶していていた味は、今でいう「アメリカン」でしょうか。
ミルクを入れず、お砂糖をたっぷり入れてもらって飲みました。
なんか、そこのお宅へ行くと、大人になった気分になったものでした。

それから、○十年たって、少しは珈琲を飲む形も変わり、
味もわかるようになってきたかなと・・・。
10年前に出あった、この珈琲豆ですが、
無農薬栽培された豆を木の上で完熟させた手間隙のかかった豆だそうで、
日本の方がブラジルで苦労を重ねて、作り上げた物らしいのです。
ここへきて、この無農薬の栽培はいろいろ生産者泣かせで無理があるらしく、
栽培断念する事になってしまったんです。
写真の珈琲豆は最後の豆なんですよ。
味わって落としていただきました。

舌に珈琲特有の苦味と渋みがのこらず、さらっとして
最高の味でした。
また、いつかこんな珈琲豆に出会える事を願ってます。

クーを心配しすぎたかな

2005.10.12
クーが調子崩して、何でもないと解ったら、
今度は主人が、風邪をひいたみたいです。
昨日クビが痛いとか、肩がこったとか言ってたんですが、
今日、私が仕事から帰ってくると、
クビに冷たくした冷湿布をして、
タオルを巻いて、ソファでクーと座ってました。

あー、これは完全に風邪をひいたようです。
土曜日の体育大会の雨がたたったのか、
朝晩かかさず雨でも、クーのお散歩ですし。
雨の日は「よしてね」と言うのに、
ちっとも耳を貸してくれない主人です。

私が代わっていくと言ってもだめ。
台風がきても、お散歩。
これって、クーにとって決して
いいとは思えないのですが・・・。
困ったものです。

さっきもうなされて、大声だしてたので、
可哀想だから起こしてあげました。
「あ~、起こしてもらって助かった」と言って、
部屋の明かりもつけておいてほしいといって、
また眠りにつきました。
何の夢みてたんだろう。
クーの夢かな。

クーただの風邪ならいいな

2005.10.10
samui


今朝の3時の事です。

夢の中で低い声の誰かが起こす声が・・・。
二男でした。

「お母さん、クーが玄関のあたりでうんちしてるよ」

寝ぼけまなこで飛び起きました。
その声に主人も一緒に階下へ。

玄関の土間にドッサリとクーのうんちが散乱してるじゃないですか。
それだけじゃなかった、あがりがまちの付近に
血痕が点々と付着していたのでした。
これは、いわゆる血便というものなのでしょう。

もう、ビックリしてしまって、クーを怒るなんて
できないのも当然です。

クーは2階の階段の上から、申し訳なさそうに
下の私たちを伺ってました。

二男がクーの様子を見に行ってる間、
きれいに掃除をしてふき取りを終わると、
私たちもクーのところへ。

症状をすぐにネットで調べてみました。
犬の病気と言うサイトでどれを読んでも怖い病気ばかり、
軽い症状では、ねぎやたまねぎを食べてしまった原因のよるとも
書いてありましたが・・・・。

昨日の様子を思い出してみたんですが、
そう言えば、私にベタベタと甘えてたし、
鼻水がポタポタ出ていた事を思い出しました。

鼻水もバカにできないらしく、
怖い病気が潜んでいるとの事。

今朝のお散歩では、うんちは普通で
食欲もあり元気いっぱいのいつものクーでした。

今のクーは、私が出してきた、輻射熱のヒーターの前で
丸くなって寝てるんです。
今日は、肌寒いのもありますが、
暑くなると床で寝て、又ヒーターの前で寝たりしてます。
ちょっと、心配ですが、今日一日様子を見る事にしました。

昨日のあの甘え方は、私への信号だったと
今頃気づくようでは、まだまだだめな飼い主です。
ごめんね、クー。

あ~あ、たいくつだなあ

2005.10.09
今日は外は雨、お父ちゃんは体育祭に出かけてるし、
家には誰もいないんだー。
お母ちゃんは、なんかレンタルビデオ観てるし・・・。

なんか、寒くなってさ、
抱っこしてもらったんだけど、
気持ちよくて・・・・。
お腹出してねっちゃったんだ。
そしたら、「カシャ!」って音したから、
目が覚めたら、目の前にカメラが。

変なかっこのとこ撮らないでよ~~、
お母ちゃんたら!
kuu


でもね、おなかをさすってくれたよ。
うっかり「フガ~~」って鼻水飛ばして
おこられっちゃった。

夢の中のヨン様

2005.10.05
こんな題をみた人から、「もう、ヨン様の話するのー」って
そんな声がどこからか聞こえる気がするな。
ごめんなさい。

私が「冬のソナタ」と出会ったのは、母がなくなって、
数ヵ月後に帯状疱疹になってしまって、
動けなかった2ヶ月の間、
あのドラマの存在が気にはなっていたが、
騒いでいる理由も不思議だし、
観ないで否定する事は出来ないと思っていたから、
動けない体理由に騙された気になってみる事にした。

これが、案の定ハマッテしまったんですよね。
だからと言って、追っかけするほどの
ヨン様ファンにはならなかったけど。

でも、私にとってはバカにはできないほど、
癒してもらえたんです。
大切な母との別れなど、一人の人間があの世に旅立つまでの
過程を家族全員で見つめてきた事は、大きな犠牲を払った事もあったし、
大変な時期をすごしてきたわけだから、
家族皆も心も体もつかれきっていたはずです。

で、どうして今の時期、この話題を出したかと言うと、
今朝、ヨン様が夢に始めて出て来たんです。
それも、あのやさしい笑顔で、そっといつのまにかそばにいてくれて、
やさしく声をかけてくれるではないですか。
手を差し延べてくれたんですよ。

ただ、それだけの夢だったんですが、
その時、私はそばに誰かいたはずなんです。
それは、きっと主人だったと思います。
姿は見えなかったんですが、
空気のようにそばにいた人という存在だったし、
そばにいても違和感がなかったんですから、
主人に間違いないはず。

夢の中のヨン様の出現は、同じ夢の中にもいたはずの主人には
申し訳ないんですが、存在は大きかった。
ホワ~~ンとしたやさしさが漂って、
幸せを感じてた私がそこにはいたんですよ。
ヨン様嫌という方には、おかしい、バカくさい話ですよね。

最近疲れてたんで、潜在意識がそうさせたんでしょうね。
夢の中で癒された一瞬でした。
と言うお話・・・・だけで~~す。
最後まで読んでくれてありがとう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。