ブログ内検索
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞職願い

2006.06.15
入梅になって、はっきりしない天気ばかりで、
気持ちも憂鬱になりそうですよね。
そんな今日、
いよいよ私も、辞職願いを提出してきました。

いままでの事を考えると、
私がやってきた1年間が無駄になるかもしれないし、
悔しいことだらけで、あきらめられない事ばかり。
世の中にTVドラマのような事ってあるんだなあって
つくづく思いました。

一生懸命働いてきたことが、決して正しいとは
言えないけど、それが人様からみると、
一人よがりだとか、何をそんなに頑張ってるんだとか、
もっと、楽すればいいのにとか思うんでしょうね。
そう、そう「やりすぎた」と言われたんだっけ。
そういう言い方もあるなあ。
情けなくなりますよね。

先日新聞に功名ヶ辻の脚本家である「大石 静」さんが
語っていたんですが、大石さんの生き方がとても、
今の私に問いかけをしてるように感じたんです。

彼女は生きていく上での
立ち直りの3か条をあげていました。

①人のせいにしない
②自分だけが大変と思わない
③何とかなると思うようにする

この中で、私がいつも思ってきたことは、
③のなんとかなるでした。
だからでしょうか、
懲りずに頑張りすぎてしまうのは。

①も②も今の自分にとって、
当てはまるといえばそうですが、
去る事も手かなと思うことにしました。

と言いながら、残念だったり、悔しかったり
そんな想いがよぎり、あきらめきれない自分に
気づき、「そんなに頑張らないで、ゆっくりしなさい」と
心の中の声がきこえてきます。
そんな思いもあと、
1ヶ月で「何を深刻に考えてたんだろう」と思う日が
くるんでしょうね。

最後に一言・・・。
「この、くそじじい!くそばばあ!」
(*^×^*)ヾ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。