ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子の青年

2005.09.30
今日、息子の大学の父母会へ行って、
夕方地元の駅に着いたら、エスカレーターの前で
車椅子の青年がいました。

私は、気になりながらも夕飯のしたくで頭いっぱいで、
エスカレーターを上って改札を出ました。

駅の外階段を下りると、
主人とクーちゃんがお迎えにきてくれていました。
買い物袋を持ってくれた主人は、
「お母さん待っている間、駅のホームを見ていたら、
車椅子の若い子が上れなくて困っていなかった?」と聞かれ、
「うん、そういえば、いたけど、でも誰かと話してたから、
待ち合わせしてるかと思ったの」と言ったら、

気になるからと言う主人と駅へ戻った。
ホームを見ると、まだ車椅子の青年が駅員と何か話していた。
しばらく、主人と様子をうかがって見ていると、
何か、板の様なものをエスカレーターに載せたりして、
四苦八苦してる様子だった。
主人がいうには、私が帰る前からこの状態だったとの事。

いてもたってもいられなくなったのか
主人は、クーを歩道のポールに縛って、
私に「ここにいて」と言うと、ホームに向かった。

ホームで主人は駅員さんと何か話していたが、
そのうち、ホームから家にいる息子を駅に呼んでくれと
大声で叫んだ。
eki

携帯で呼び出された息子は、自転車で飛ばしてきてくれた。
そのままホームに行くと、何か相談してる様子だったが、
そのうち、エスカレーターのない、普通の階段方向に行ってしまった。

こう言う状況のときは、6人位で対処しなければならないという
駅の安全上のマニュアルがあるのか、
2人と他に改札にいた若い男性に手伝ってもらって、
6人でその男性を車椅子ごと抱えて上ったと後から聞いた。
6人で


総重量130キロの重さを6人で担いで上ったといっても、
単純に計算して一人20キロ以上を抱えてる事になる。
その様子は携帯カメラに写すことはできなかったけど、
クーと私は主人と二男がいる方向を気にしながら、
戻ってくるのを待った。

でも、おせいじぬきで主人はなんてえらいんだろうと思った。
普通知らん振りで通り過ぎる人ばかりだと言うのに、
駅のホームの様子を見ていて気になるとは、
ほんと相当のお人好し・・・と言いながら
口には出さなかったけど、主人を見直した出来事でした。

ところで、その車椅子男性、今日はその座っていた車椅子で
サッカーの試合をしてきての帰りだったらしいです。
駅の改札にはその男性のお兄ちゃんがむかえにきていたのに、
決して手出しはしなかったそうです。

小さい時に高熱で不自由な体になったそうですが、
お兄ちゃんや親が手伝わず、
一人で生き抜いて行けるようになるための、
これまでの親と家族の苦労が見えた気がしました。

でも、日本の駅事情って、まだまだバリアフリーが
整ってないですね。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ありがとう!

imokoちゃんも、わかってくれてありがとう。
こういう現場に直面したとき私も多いんだけど、暇じゃないからって素通りして、
見て見ぬふりするのが多いのも現実。
誰かがやるだろうという思いを捨てて
時には、手を貸してみる勇気必要かも。

忙しすぎる毎日に、喝!!!v-31

私も

MIMIさんに同じく!
すばらしいご主人と息子さんをお持ちですね。
羨ましいです。

こういうことって、困ってるのかな~と頭の中では思いながら、なかなか出来ないことですよね。

喜びます

MIMIさんにこの状況わかってもらえてうれしいです。こういうの文章にするのって、いかにも慈善事業しましたって言ってるみたいだものね。美談といえばそうなんですが、
いつもこう言う状況のときは、一番に飛んでいく堅物な主人なので、ちょっと、心配な面もあるんですよ。でも、すぐに飛んできてくれた二男も含めて、私は褒めてあげたい出来事だったので、MIMIさんの言葉ありがたいです。
主人に伝えてあげようかなあ。

なかなか出来ないことです

こういうことって、とっさに出る行動なのだと思う。
根っからご主人はお優しい心を持った方なのだと思います。
頭が下がりますね・・・
その方のご家族も「ひとりで生きていくため」と、
助けてあげたいのを飲み込んで、あえて厳しく接していらっしゃるのでしょうね。
家族は厳しく、周りの人は優しく
そんなにしていられたら世の中暖かさに包まれるんだろうなー。
ご主人の優しさは子供たちにも伝わりますよね。
ご主人に拍手!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。