ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い主としての条件

2006.10.23
最近、TVで観た経営難により撤退し、ペットを置き去りに
して、無残に死んでしまった犬を何頭も埋めてあったりと、
ずさんな管理体制の報道が、連日流れてましたが、
私たち家族は、その様子をみて、怒り嘆きました。

今日の番組では、そんな施設で里親として引き取っていただく人を
募集し、約500頭の動物達を里親として的確か審査し
引き取っていく内容でした。

遠いところから、わざわざきたにもかかわらず、
選考にもれてしまった方の嘆きや不満、
少し前の死んでしまった同じ犬種を引き取りたいという
初老夫婦の気持ちなど、さまざまでした。

それぞれの理由をもった引き取り手の里親さんの気持ちも
解らないわけではないが、これまで、ボランティアで
面倒を見てきた人や、愛護団体にしてみると、
もっと深刻で慎重を極める状況だったのでしょう。

ただ、可哀想だから引き取るだけでは
すまされないんでしょう。

お目当てのワンちゃんの里親になる事が出来ずに
残念がっていた方の選考で落ちた理由は、
この2点が多いようでした。

①家ですでに飼われてるワンコが、
 避妊や去勢の手術をしてないから
②外でしか飼えない。

※この条件の一部については、要綱に記載されてなかったと
 訴える方もいました。

繁殖目的に考えられては困るという配慮もありますが、
漏れた方は、一生懸命、繁殖目的ではないし、もし里親になれたら、
今いるワンコも手術をすると訴えてみたけれど、
認めてもらえなかったと嘆いていました。

この件に関して、同姓で無い場合は
私個人としては、手術は必要かと思いますが、
同姓ならいいのではと思うのですが・・・。

もう一つの室内で飼えないからだめというのに関していうと、
この施設のワンコたちは、愛情をもらえず育ったワンコだからこそ、
室内で人とのふれあいをしてほしいという考えなのだろうと
思いました。

私もクーちゃんは室内犬として育てましたが、
その前までは、ずっとワンコは外で飼うものと思っていました。
ところが、前の雑種の反省から、
クーを育てて、約7年、やはり外で飼ったときとは違った
ワンコに対する家族全員の心に変化がありました。
あきらかに、同じ屋根の下で飼う事がこんなにも私たちの心に
ペットの存在を大きくした・・・これは確かです。

外飼いの方も大切に想う気持ちはあるのでしょうが、
室内で飼えない特別な事情があるのでしょう。
ほんとうに外でもワンコを飼いたい気持ちが
あるなら、この施設のワンコを選ばない方が
いいということなのでしょう。

ひどい扱いをされ死んでいったワンコたち、
考えただけで、かわいそうでなりません。

これ以上、こんな事がないよう、一人一人、家で飼ってる動物達を
責任も持って育て、その動物にあった愛情を注ぎ、
人生を全うさせてあげたいものです。
もらわれていったワンちゃんたちがどうか幸せになりますように。





スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントありがとうございます。

きすいさん、ずいぶんご無沙汰してしまって
すみません。この件に対して、
いろいろなご意見がある中、
きすいさんも同じような考えだという事を知り、ホッとしました。

お知り合いのブリーダーさんも行かれたんですね。ブリーダーさんもいろいろですから、
きっと、関係者は一見して確かかどうかという判断はあの状況では無理だったんでしょうね。
しかたないかもしれません。

ほんとうに、一緒に暮らす事の大切さ、
暮らした人じゃないとわかりませんよね。

この事件はかなり驚きました。
悲しい話ですね…

選考に関しては、日本でもトップクラスのブリーダーさんがもれていました。
もちろん彼女は、その犬種を愛し、理想を求めて繁殖をしているのでペットクラスの犬の繁殖なんて絶対にしない人なのですが、「ブリーダーはお断り」の一言だったみたいです。
良いブリーダーさんもいるのに、一緒くたにしてしまうのは悲しいことですね。
そんな見極めをする余裕がないんだと思いますが…。

私も犬を室内で飼うのはオスカーが最初なんですけど
犬は室内でこそ飼うものだ…という認識を持ちました。
アレルギーとかじゃなければ、一緒に生活するのが良いと感じています(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。