ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8才になった僕

2008.01.21
毎日、寒いな

おとうちゃんも、おかあちゃんも

仕事で忙しそうだし、

兄ちゃんたちはそれぞれだし、

ひたすら、留守番の僕

朝くらいうちからの

散歩も少し辛くなってきたな

「散歩でおしっこやうんちさせないと
かわいそうだしな」と
おとうちゃん

うれしいけど、この寒さだし、

お日様が出てないし、

お星さまがまだ見えるときじゃ

うれしいけど、体にこたえるよ

しゃべれない僕に

おかあちゃんがいつも言ってくれるけど、

「違うんだよ、じゃ、誰がつれてくんだよ」と

時々言い合いにしてる

「私が連れて行くから、少しずつ時間をずらして
慣れさせようよ」と
おかあちゃん

でも、早く連れて行くのが一番と
おとうちゃん

うんちやおしっこしたいけど、

寒いんだよなあ。

読んでる?おかあちゃん

『読んでる、読んでる、わかってる
でも、あの頑固さはなかなか変えられないんだよね』

『それより、クー、誕生日おめでとう!
お祝いはあさってまで待ってね、ごめんね』


は~い、楽しみしてま~す。

このブログにたまには、僕の写真いれてよね。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。